プレミアムブラントゥースの口コミ・評判の真実は?実際に試した結果

歯の黄ばみの原因@〜タバコ・お茶などの生活習慣〜

歯の黄ばみの原因@生活習慣

人と向き合っていると、意外と目についてしまうのが歯の黄ばみです。黄ばみの原因には、どのようなものがあるのでしょうか。白い歯にしたいと誰もが思っているからこそ、様々なホワイトニング製品が売られ、歯科でもホワイトニングは人気です。

 

歯の黄ばみは、表面のエナメル質に付着する汚れ、エナメル質に浸透してしまった汚れ、そしてその奥の象牙質まで浸透した汚れ、象牙質自体の変色の4つがあげられます。

 

今回は、黄ばみの原因の一つである、生活習慣による着色について詳しく見ていきましょう。

 

■生活習慣による黄ばみにはどのようなものがあるのか?

 

タバコ

歯の黄ばみの原因@生活習慣

タバコにはタールが含まれており、これが黄ばみの原因となります。タールはマツヤニのようなベタベタとした真っ黒い脂で、これが薄まったものが歯の表面にこびりつくと、なかなか簡単に落とせません。

 

また、喫煙者は、継続してタバコを吸い続けるため、一般的な歯磨きなどで多少落とすことができてもそれよりも速いペースで歯にタールを塗りつけていっていることになります。

 

食べ物・飲み物

歯の黄ばみの原因@生活習慣

食べ物や飲み物によっても着色汚れがついてしまいます。
代表的な成分としては

 

  • ポリフェノール

ココアやチョコレート、赤ワインなどに含まれる成分です。

  • カテキン

緑茶に多く含まれます。歯に茶渋がつくという言い方もされています。

  • タンニン

お茶(特に紅茶に多い)、コーヒー、ワインなど飲み物に多く含まれ、食べ物だと柿などがあげられます。独特の渋みの元となる成分です。

 

この他にも、カレーや醤油、ソースなどの調味料の着色料でも黄ばみがついてしまうことがあります。

 

■生活習慣による黄ばみを予防・改善する方法は?

歯の黄ばみの原因@生活習慣

 

ホワイトニングには、主に
・クリニック(歯医者)でホワイトニングしてもらう
・専用の歯磨き粉を使うなど、自分でホワイトニングする(セルフホワイトニング)
の2つがあります。

 

ここで注意なのが、クリニックでせっかくホワイトニングをしても、今までと変わらない生活スタイルでいれば、またすぐ歯が黄ばんでしまいます

 

タバコの場合、禁煙ができると一番良いのですが、なかなか簡単にできないでしょう。また、軽いタバコ(mgの少ないもの)に変えるという手もありますが、軽い分たくさん吸ってしまったり、強く根元まで吸ってしまうとあまり意味がなくなってしまいます。タバコを吸ったあと口をすすぐとこびりつきを多少防ぐことができるでしょう。

 

食べ物や飲み物の着色原因を全て取らないのは不可能です、タバコと同じようにうがいをしたり、ガムを噛んで唾液を分泌させて歯に汚れが付くのを防ぐといいでしょう。

 

また、一般的な歯磨き粉ではなく、汚れの付着を防ぐ成分や着色成分を落とす成分が入っているホワイトニング歯磨き粉を使用するのもおすすめです。

 

■まとめ

 

生活習慣による歯の黄ばみについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

黄ばみの原因は

  • タバコのタール
  • 食べ物や飲み物に含まれるポリフェノールやカテキン、タンニン

でした。

 

歯の表面にこびりつかないように、うがいをするなど、ちょっとした心がけで黄ばみの対策をすることができます。ぜひ心がけてみてください。

 

もし、生活習慣が原因で歯が黄色くなっている方は、まずクリニックではなくホワイトニング歯磨き粉の使用をおすすめします。

 

食べ物やタバコの着色は、日々の積み重ねのため、日々の習慣で改善しないと治らないからです。
一時的にクリニックで白くしても、結局また何回も通院し、時間とお金をかけることになります。

 

おすすめのホワイトニング歯磨き粉はこちら