プレミアムブラントゥースの口コミ・評判の真実は?実際に試した結果

歯の黄ばみ 落とし方は?

歯の黄ばみ 落とし方

黄ばんだ歯は、どうしても不潔な印象を受けてしまいます。原因がなにであっても、損をしてしまいます。気になる黄ばみをどうにかして落とせないか・・・と悩んでいませんか?

 

表面についた汚れによって黄ばんでいる場合は、クリーニングである程度落とすことができます。

 

しかし、汚れがこびりついていたり、黄ばみの原因が内因性のものだった場合、漂白するなど歯科でのホワイトニングが必要です。黄ばみの落とし方について詳しくご紹介していきます。

 

■自分でできるホワイトニング方法

 

歯の黄ばみが外因性だった場合、セルフホワイトニングで白くすることができます。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使う

ステインを浮き上がらせて、汚れを効率的に落とす成分が含まれているため、こびりついた汚れも少しずつですが落とすことができます。研磨剤入りのものは、エナメル質を摩耗させてしまう可能性があるので強くこすらないように気を付けましょう。

 

ホワイトニング消しゴムを使う

メラミンスポンジのような細いもので歯の黄ばみやくすみを磨き落とします。
研磨剤入りの歯磨き粉と同じように、これも歯の表面を傷つけてしまわないようやりすぎには注意して使ってください。

 

重曹で磨く

研磨効果があるので汚れを落とすことは可能ですが、強い研磨作用で表面のエナメル質が傷付いてしまいます。エナメル質に傷がつくとその傷に汚れが付着して、ますます黄ばみがひどくなりますのでおすすめとは言えません。

 

歯科でホワイトニングしてもらう

 

歯科では外因性の黄ばみだけではなく、内因性の黄ばみにも対応が可能です。

 

ホームホワイトニング

歯科でマウスピースを作ってもらい、自宅でホワイトニングする方法です。なかなか忙しくて歯科に通えないという人にはお勧めの方法です。

 

オフィスホワイトニング

歯科で主に行われているホワイトニング方法で、歯の汚れを取り除いた後に薬剤を塗布してライトで照射し短時間で白さを高めます。

 

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用して、より白さを求めた方法です。効果は高いですが費用はかさみます。

 

ホワイトニングでは効果が出にくい歯の変色には

ラミネートべニアやセラミック治療という方法があります。エナメル質の表層を少し削り、セラミック製の薄いチップを歯に貼るかセラミックで歯を覆う方法があります。薬が原因で変色してしまった場合などは、特にこの方法が有効です。

 

まとめ

 

歯の黄ばみを落とす方法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
歯の黄ばみを落とすには、原因が外側からなのか、体の中からなのかを知らなくてはなりません。

 

ホワイトニングの方法としては、

  • ホワイトニング製品(ホワイトニング歯磨き・消しゴム)でセルフホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

などがあげられます。

 

歯科でのホワイトニングは保険適用外になるため高価ではありますが、確実に白い歯を手に入れられます。他に内因性の黄ばみには、セラミック治療などもあるので相談してみるといいでしょう。
日常的にタバコ、コーヒーなど歯が黄色くなりやすい習慣がある人は、ホワイトニング歯磨き粉を使うのがオススメです。

 

 

おすすめのホワイトニング歯磨き粉はこちら