プレミアムブラントゥースの口コミ・評判の真実は?実際に試した結果

歯の黄ばみを予防できる毎日の習慣

歯の黄ばみを予防できる毎日の習慣

毎日きちんと歯を磨いているのに、だんだんと歯が黄ばんできた気がしている・・・鏡を見てとてもショックを受けてしまいます。また、せっかくホワイトニングしたのにすぐに元の色のようになってしまった!というのも、避けたいところです。

 

そこで、毎日の習慣で、黄ばみを予防できる方法をご紹介します。

 

 

■なぜ歯は黄ばむのか?

 

歯の黄ばみには、外因性と内因性の2つの原因があります。外因性は、食べ物や飲み物、タバコなどの汚れが歯の表面のエナメル質にこびりつくことが主な原因です。

 

内因性は2層目である象牙質が加齢などによって変色し、その色が透けて見えていることが原因です。

 

■黄ばみを予防する方法とは?

毎日の習慣で防ぐことのできる黄ばみは、外因性の黄ばみが主になります。汚れのこびりつきを防ぎエナメル質を傷つけないように、また色の濃い食べ物や飲み物などによる着色を防ぎましょう。

 

唾液の分泌をよくする

唾液がたくさん流れていると歯の表面が常に洗われていることになるため、汚れがこびりつきにくくなります。コマメに歯磨きができないときは、舌先で歯の表面を磨きましょう。

 

また、ストレスを感じているときなどはドライマウスになりがちですので、なるべく唾液の分泌がよくなるように舌を良く動かしましょう。

 

 

歯に着色しやすいものを摂取した後は水でうがいをする・ストローで飲む

コーヒーや紅茶、ワインなど「ステイン」の原因となるものを飲んだ後は、水でうがいをしましょう。また、コーヒーは薄めのアメリカンを選ぶとより着色を防げます。

 

カレーなどの色の濃い食べ物は、同じく摂取した後に水ですすぐ他に食べる回数を減らすことも有効です。タバコもまた同じようにうがいしましょう。禁煙したり、本数を減らすなどもできるとなお良いでしょう。

 

また、飲み物の場合はストローで飲むと歯に付着しにくいのでおすすめです。

 

ガムなどをよく噛む

ガムやおしゃぶり昆布などをよく噛むと、唾液の分泌が促されます。先ほども書きましたが、唾液は歯の汚れを洗い流してくれますので黄ばみを防ぐのに効果があるでしょう。

 

口呼吸をしない

口で呼吸をすると、どうしても口の中が乾燥してしまいます。乾燥すると汚れが付着しやすくなってしまうので鼻呼吸ができるように練習をする、唾液の分泌を促すように気を付ける、水分をこまめに取るなどするといいでしょう。

 

強く歯磨きをしない

強く歯を磨くと表面のエナメル質に傷がついてしまいます。表面に傷がつくと、通常なら付着しなくてすんでいた汚れまでもこびりつく原因となってしまいます。優しく丁寧にブラッシングしてください。

 

歯磨き粉にこだわる

ホワイトニングに特化し、また研磨剤が入っていない歯磨き粉を使いましょう。
研磨剤は、表面のエナメル質に傷を付けて黄ばみの原因になります。

 

研磨剤が入っておらず、またホワイトニング効果のある成分が含まれた歯磨き粉を使うと現在の歯のくすみがキレイに落ちて、新しく付着せず維持することができます。

 

おすすめのホワイトニング歯磨き粉はこちら

 

■まとめ

毎日の習慣でできる、歯の黄ばみ予防の方法についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

歯の黄ばみを防ぐのに大切なのは下記です。
・唾液で歯を洗う
・強いブラッシングや研磨剤入りの歯磨き粉を使わない
・黄ばませやすい食べ物や飲み物、タバコなどを摂取した後はうがいをする

 

気を付けすぎてもストレスになってしまいますが、これらを少し気を付けるだけでいいのなら挑戦しやすいのではないでしょうか。毎日のケアにぜひ取り入れてみてください。

 

おすすめのホワイトニング歯磨き粉はこちら