プレミアムブラントゥースの口コミ・評判の真実は?実際に試した結果

ホワイトニングの種類について〜歯医者とセルフホワイトニング〜

ホワイトニングの種類について〜歯医者とセルフホワイトニング〜

歯が白いだけで人の印象はずいぶん変わります。ホワイトニングしたい!と思っていても、歯医者ではどれくらいかかるのか?また、自分でする方法はどれくらい効果があるのか?など、気になってしまいます。

 

ネット調べても、情報が多すぎてわかりにくい!そんな方のために、ホワイトニングの種類や内容についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

■ホワイトニングの種類

 

歯を白くするホワイトニングは、大きく2つに分けることが可能です。
さらにそこから細かく分類できますので見てみましょう。

 

クリーニング

表面の汚れを落として、歯本来の色を取り戻す方法です。
歯医者では歯石落としやエアーフローを使ったクリーニング、エステではポリリン酸を使ったセルフホワイトニング、またホワイトニング用品を使った自宅でのホワイトニングがこれに当てはまります。

 

ホワイトニング

本来の歯の色よりも白くする方法で、歯医者でしか使えない薬剤(過酸化水素)を使って歯を漂白します

 

もしくは、日本では一般に販売されていないので、海外製の過酸化水素入りの歯磨き粉などを購入して使うという手もありますが使う場合は自己責任ということになります。

 

 

■クリーニングについて

 

歯科でやってもらうクリーニングには2種類あり、歯石除去(歯周病予防)として保険適用内でスケーラーで治療してもらう方法と自費治療のPMTCと呼ばれるプロによる歯の掃除と研磨です。

 

クリーニングによって歯についていた歯石や歯垢、汚れが落ちて、歯本来の色を取り戻すことでグッと白くなったと感じられるでしょう。

 

セルフホワイトニングの場合は、ホワイトニング歯磨き剤を使う・歯の消しゴムを使う・歯のマニキュアを使うなどの方法があります。

 

これらで汚れが落ちる場合は軽い着色ですが、あまり強くこするとエナメル質を傷つけてしまうので気を付けましょう。

 

エステサロンのセルフホワイトニングは、ポリリン酸を使って着色を取り除きます。体に害のない成分で安心ですが、本来の白さ以上に白くすることはできません。

 

 

■ホワイトニングについて

歯医者で施術してもらえるホワイトニングは3種類に分けられます。

 

オフィスホワイトニング

即効性を求める人におすすめの方法です。過酸化水素を歯に塗布し、ライトを照射させることで漂白の効果を高めます。

 

歯科医のチェックの元、安全に短期間で歯が白くなりますが、1時間〜1時間半ほど歯医者に滞在しなくてはならないことや人によっては薬剤で痛みを感じることもあります。

 

 

ホームホワイトニング

あまり歯医者に通う時間はない人におすすめの方法がこちらです。歯医者で処方されたマウスピースと低濃度の過酸化水素を自宅で塗布して漂白します。

 

自分のペースでホワイトニングが行えますが、手間がかかることと低濃度の薬剤のため効果が出るまでに時間がかかります。

 

 

デュアルホワイトニング

上記2つをどちらも行い、即効性とより白い歯を手に入れる方法です。2つの方法を取り入れるため治療費は高額になります。

 

 

■まとめ

主な歯のホワイトニング方法をご紹介してきました。
ホワイトニング方法は、歯本来の白さに戻すクリーニングと、より白い歯を求めるホワイトニングに分けられました。

 

歯医者での治療は

  • 保険適用内の歯石を取るクリーニング
  • 自費治療の着色までしっかりと落とすクリーニング
  • 過酸化水素を使い、光を当てて漂白するオフィスホワイトニング
  • マウスピースと低濃度過酸化水素を使って、自宅で漂白するホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニングとホワイトニングをどちらも行ってより白い歯にするデュアルホワイトニング

という5つの方法がありました。

 

自分の求める白さや通院方法などをよく考え、自分に合ったホワイトニング法でステキな白い歯を手に入れましょう。

 

 

 

また、歯医者に通わずに市販の歯磨き粉などでクリーニングする方法もあります。
日常的にタバコやコーヒーを飲むなど、歯に黄ばみがつきやすい生活習慣のという人は、こちらがオススメです。
おすすめのクリーニング歯磨き粉はこちら