プレミアムブラントゥースの口コミ・評判の真実は?実際に試した結果

ホワイトニング効果のある歯磨き粉の成分

ホワイトニング効果のある歯磨き粉の成分

自宅でできる歯のホワイトニングとして手軽な歯磨き粉ですが、成分はどれも様々です。どんな成分が入っていると効果的なのでしょうか?

 

気を付けた方がいいものや、オススメの成分などをご紹介していきます。

 

 

 

ホワイトニング用歯磨き粉に期待できるホワイトニングとは

 

歯磨き粉は、研磨剤が含まれておりエナメル質の着色汚れを落とすものです。
歯医者で使われている歯の漂白成分(過酸化水素)は、日本では一般に取り扱えませんのでステインを効果的に落とす成分が含まれているものを選びましょう。

 

 

研磨剤で磨く

ステインなどの着色汚れを落とすのによく使われているのは、研磨剤であるリン酸カルシウム(ハイドロキシアパタイト)・無水ケイ酸・水酸化アルミニウム・炭酸カルシウム・シリカなどがあげられます。

 

 

しかし、汚れとともにエナメル質の表面を傷つけてしまう可能性があるのです。エナメル質に傷がつくとそのでこぼこの面に汚れが入り込み、より落としにくい汚れになってしまうという悪循環になります。

 

 

また、エナメル質が削れていくことで知覚過敏になってしまうこともあります。これらの成分が入っている歯磨き粉は毎日使わず、使う頻度を週1回くらいにして歯茎は磨かないようにやさしくブラッシングするなど注意が必要です。

 

 

毎日使うホワイトニング用歯磨き粉を選ぶ場合は研磨剤が入っていないものか、または最近技術の進歩で開発された超微粒子の研磨剤入りのものを選ぶと良いでしょう。これは、歯や歯茎に負担をかけずに着色汚れを落とすことができます。

 

 

汚れを効果的に落とせる成分が配合されている

こびりついた汚れを浮かし落とす効果がある成分で、歯の表面に傷を付けずに浮かせて吸着します。

 

よく使われているのは以下の成分です。

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリアスパラギン酸
  • メタリン酸ナトリウム
  • リンゴ酸
  • カルプロックス

などがあります。

 

 

これらの成分は、アミノ酸がタンパク質と反応して、歯にこびりついた汚れを浮かせて剥がし落としてくれます。また、落とした汚れは付着しにくくなるため、使い続ければより白くきれいな歯を維持できます。

 

 

■歯の黄ばみを落とす以外のメリットとは?

 

ホワイトニング用歯磨き粉は、通常の歯磨きのあとに黄ばみが気になる部分のポイントケアとして使います。2度の歯磨きの時に歯磨き粉を使うことで、虫歯予防の成分が歯にしっかりと行き渡り口内トラブルの改善が期待できるのです。

 

 

虫歯予防や口臭予防、歯周病予防など色々な効果が含まれています。歯磨き粉選びに迷った時は、自分が欲しい効果が得られる成分の含まれた歯磨き粉を選ぶとよいでしょう。

 

 

また、発泡剤がはいっていると本当はきちんと歯が磨けていなくても歯が磨けていると錯覚してしまうため、発泡剤が入っていないものがおすすめです。

 

 

 

 

■まとめ

ホワイトニング用歯磨き粉の成分についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

 

毎日の歯磨きでホワイトニングをする場合、歯磨き粉を選ぶのに大切なポイントは

  • 研磨剤が微粒子であるか、含まれていないこと
  • 歯の汚れを浮き上がらせる成分が含まれていること
  • 発泡剤が不使用で丁寧に歯磨きができること

などがあげられます。

 

 

ホワイトニングのためだけではなく、歯の健康を守りながら白い歯を作りましょう。

 

 

 

上にあげた条件をすべて満たす、管理人オススメの歯磨き粉は『プレミアムブラントゥース』です。
ホワイトニングの本場アメリカ・ヨーロッパで売り上げ実績1位の歯磨きジェルです。

 

 

特徴は、すべて天然由来成分で研磨剤なのが一切入っておらず、安心安全で効果が期待できるという点です。

 

 

プレミアムブラントゥースはこちら